忍者ブログ
小人堂の気まぐれな覚え書 (画像はクリックすると大きくなります)
[11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■2004/07/05 (月) 小倉日記 初日6「ショー・マスト・ゴー・オン」

私がホロッとしていようが、飲み過ぎによる尿意をもよおそうが、ショーは続くのだ。
どういう順番だったかキレイサッパリ忘れたが、高世さんの歌の場面(客席降りあり)、タンゴの場面、若手男役による洋楽(Born to be wildだったような気がする)、娘役さんによる歌、ミュージカルメドレー、軽いラインダンス、デュエットダンス、最後はOSKの歌(曲名分からず)等々、盛り沢山である。私が好きなピアソラのリベルタンゴや42ndの曲なんかもあり、とても良い構成だ。
ディナーショーと本公演のショーのちょうど中間くらいのショーで、宝塚で言えば年に一度の各組寄せ集めたショーTMP(TCAじゃなくてTMPね)くらいの感覚で、かなりのお買い得感があった。

今回は桜花さんより高世さんの方が役得であったように思われる。男役らしい格好良さで溢れる見せ場があったのだ。
ファンにはたまらん娘役さんを小突く場面もあった。一瞬さむっと思われがちな場面なのだが、高世さんはなにげなく決めていた。キュートだ。
隣の席のご婦人は高世さんファンらしく私達の間近に降りてきたときには悶絶しそうで、流石ファンだぁ~!と感動的であった。

凄いと思ったのは、デュエットダンス。宝塚なら大拍手というちょっと長めのリフトを同じ場面でたてつづけに3回決められていた。
当然私は、うわぁ~っと思って拍手の用意をしていたのだが、客席は無反応。さも当然と言わんばかりである。OSKに求められるダンスのレベルの高さを垣間見た一瞬であった。

私はといえば、男役にばかりに目が行くどうしようもないやつで、背が高く手足の長い桐生さんはすぐに分かったが、後の二人がどうしても(顔で)見分けがつかなかった。
どうしたものかと思いながらダンスを見ていたら、若手男役3人で登場した際、中央で踊っていた人が、宝塚花組の新人公演の主役を射止める前の若かりし頃の紫吹、匠を足しっ放しにしたようなカッコイイ男役さんで、ついつい隣のご婦人に「3こ口の真中だれですか?」と聞く始末である。
隣のご婦人素早くチラシを取り出し、顔写真を指差しながら「萌さんよ」と教えてくださる。
多少クラクラッときたものの、同じ鉄を踏むまいと固く心に決めているので、何とか平常心を保つことが出来た次第である。

ラインダンスのラインも見事に揃っていて、これはもっと本格的なヤツを見たい!と思わせる出来であった。OSK素晴らしい!!

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[04/13 JIRO]
[12/16 azuki]
[11/24 quu]
[11/20 こがりょうこ]
[10/23 るこちゃん]
プロフィール
HN:
小人堂
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(12/01)
(12/11)
(12/11)
(12/11)
(12/11)
アクセス解析